QUEST WINDOW FILM

 
お肌に有害な紫外線を99%カット。フィルムを貼るという新しい紫外線対策
車に乗る際は、UVカット加工された手袋の着用や
UVクリームを塗るなど日焼け対策がとても面倒です。
 
日焼や肌荒れが気になるので長袖を着たりと
ファッションを楽しめなかったのが悩みの種でしたが
フィルムを貼る事で面倒な準備も必要なくなり、
ファッションも楽しむ事が出来てとてもラクになりました。

   
 
 
高い省エネ率、エアコン稼動が激減!燃料節約で快適なIR断熱機能フィルム
 
 
ジリジリする暑さをカットできる、運転席・助手席専用透明断熱機能フィルム
夏場の焼けるような陽射しをカット!
快適な車内空間を演出します。

右の写真は、フロントガラスに透明タイプの断熱フィルムを
貼った例です。明るさも、ほぼそのままで歪みや違和感が
全く無く、貼った事さえ分かりません。

勿論車検にも対応しております。
運転席が1番涼しいフィルムを体感しませんか?

   
※ガラスの色が著しく暗い車種においては貼れない車種もあります。
  お問合せ時に車種をお伝え下さい。ご案内させて頂きます。
 
 
ガラス全面に断熱の「IRフィルム施工」で車内は快適エコ空間へ
フロントガラスとフロントドアガラス左右を透明タイプの断熱フィルム
にて施工【透明IRフィルムインフレット】

後部座席リヤガラスには色付きの断熱フィルム
【IRグリーン・IRニュープロテクション】を貼る事より車内全ての
ガラスを日差しと紫外線から遮断する事が可能です。

これによりエアコンの効きめも良好になります。
弊社ではこの断熱機能の効果を実際に体感して頂けるように
太陽光線を模したIR体感器をご用意致しております。

実際に体感して頂き、効果を実感して見られては如何でしょうか。
紫外線測定器、可視光線透過率測定器、赤外線測定器など
実際の計器によりフィルムの効果を実で見てわかるように
しております。

   
プライバシーの確保・防犯対策の効果あり
外からの視界はシャットアウト



右の写真のように、車外からの視界はほとんど見えない
状態ですが、透視感の高いニュープロテクションフィルムは
内部側からの視界は抜群です。

勿論、色の濃さのバリエーションも国内随一のバリエーションで、
車内に置いたものが外から見えにくい効果もあり
防犯的にも効果ありです。

外からの視線も気にならず快適な運転をお約束します。
スモーク、ブロンズ、グリーンタイプフィルムは
車の外装にあう色合いに設定してありますので
引き締まった感じでバツグンです。
 
 
 
   ▲IRグリーン施工の
   車外と車内からの見え方
   
 
万一の事故や災害時のガラスの飛び散りを最小限に抑えることが出来ます
二次災害はガラスの飛び散りによる怪我がトップ

 ▲細かく割れたガラス
 

 ▲フィルムがガラスの飛び
   散りを最小限に抑えます
車の側面やリアガラス(後方のガラス)は、
殆んどが強化ガラスで出来ています。
 
強化ガラスは、右(上)の写真のように、
割れたら、細かいガラスになりとても危険です。

事故や災害時に二次災害で最も多いのは、
ガラスが割れて飛び散ったガラスで
切り傷など負うことが最も多いパターンです。
 
 
フィルムを貼る事で、右(下)の写真のように、
割れても、フィルムがガラスをまとめた状態に
保つ飛散防止効果があり、
飛び散りを最小限に抑える事が出来ますので、
安全度が格段に上がります。

後部座席にお子様をお乗せになることが多い方は、
安全対策としてオススメしております。
   
 
車のガラスをファッショナブルに演出
せっかく貼るならオシャレが良い!

カーフィルム施工で、車のオシャレ度をアップしませんか。
 
定番のスモーク系をはじめ、
高級感を演出する濃色グリーン系ブラウン系、
アウトドア派に人気なミラー系のシルバーフィルムや
ブルー、パープル、グリーン、イエロー、オレンジ、ピンクなど
カラフルなパステル系のカラーフィルムなどもございます。
   ▲人気のIRグリーン
 
車検対応グラデーションフィルム!日除けが不要でイメージアップ
フロントガラスの上に良く入っているボカシ、
これは合わせガラスの合わせた中間のポリエステルに
色が着色してあるものです。

これをフィルムで再現したのが「グラデーションフィルム」です。
色も選べて車検対応のすぐれもの。
これにより前側からの日差しによる眩しさを防ぎますので
サンバイザーが不要になります。

また、車前面の引き締め効果もあり非常にオシャレです。
勿論、車検対応です。



カーフィルム施工価格
 リア3面 \20000〜
申し訳ございません。
ただいま価格表を作成中です。
ほとんどの車に施工可能ですので、 価格・フィルムの種類については気軽にお問い合わせください。
電話:0957-25-4730
FAX :0957-25-4731
問い合わせフォーム
メール:info@quest-ltd.jp

WINDOW FILM

車内へ入る紫外線や熱、またプライバシー保護への対策として使われているプライバシーガラスや着色フィルムは、太陽の眩しさを遮る機能によりそれなりに涼しく感じられますが、実際には太陽光の暑さの指標である赤外線をわずかしか遮断しておらず、必ずしも暑さ対策に有効とは言えませんでした。 また、道交法ではフロントガラスやフロントの左右ドアは可視光線が70%以上透過することが条件となっており、そのためUVカットガラスや透明に近い着色フィルムで紫外線対策をとってきましたが、これも赤外線の遮断が十分でなく、フロントシートの二人にとっては辛い環境となっていました。
しかし、「透明インフレット」と「IRニュープロテクション」を施工することで車内は快適空間へと生まれ変わります。