QUEST GLASS COATING(ボディコーティング)

次世代コーティング剤「トレスマイル®」
QUEST AUTOMOTIVEが施工するガラスコーティングは、シリカガラス膜を形成する素材「トレスマイル®」のハイブリットタイプを使用。
従来の製品より、無機質の被膜硬度・耐久性に有機質の被膜や耐候性・厚み・光沢がプラスされました。

無機ポリシラザン(PHPS)と有機ポリシラザン(MHPS=メチルヒドロポリシラザン)の混合により
クラック限界を向上させ。シミも軽減させる事に成功。
さらに撥水性能を兼ね備え理想的なコーティング被膜を形成します。

新しくなったQUESTガラスコーティング
今回の特徴は’厚み’’撥水’’艶’です。
従来の商品は1μ以下の皮膜でしたが、今回の新型は2~3μが可能。

’厚み’が増す事で、傷にも強くなりました。
ツヤも以前より数段よくなってます。

新車・中古車・今お乗りのお車問わず、ボディコーティングをお考えの方はお気軽にご相談ください。
代車もご用意できます。

バイク・トライク等への施工も可能です。


素材、施工手順等、一切妥協しておりません。


ガラスコーティング施工手順

コーティングは、特に下地処理のポリッシング工程が重要で、この下地の段階を怠ると仕上りが全く別物になります。
当店は独自の施工方法を織り交ぜたり、技術向上のための研修はもちろん、使用機器などにもこだわっていますので、お客様の満足のいく仕上りをご提供いたします。

1.洗車 2.マスキング 3.ポリッシング

施工前に水洗いで汚れ・水垢・鉄粉等の除去をします。
この時にキズやシミなども把握しておきます。

ポリッシングするので、モールやエッジ部分などに傷がつかないよう十分にマスキングします。
またコンパウンドの粉が隙間に入り込むのを防ぐ役割もあります。

基本3工程の磨きの作業。
個々の車によって塗装の硬さや傷の付き具合が異なるので、それぞれの状態に合わせて道具や溶剤を選定し、様々な種類のコンパウンド、スポンジ、ポリッシャー等を用いて作業を行ないます。
この作業がコーティングの良し悪しを決める最も重要な作業と言えます。
4.コート剤吹き付け 5.最終仕上げ

この作業で溶剤を吹き付けます。
当店では基本的にスプレーガン吹付での施工を行ないます。
ムラにならず、均一で厚い被膜を形成させることが可能です。

トップコートを丁寧に塗り込んだら完成!
タイヤハウス内の洗浄や、経年劣化で白くなったモールやカバーに復活剤を塗ったりと最大限、車を綺麗な状態します。
ボディコーティングはマスキング無しで手塗りだけを行なう簡単な施工が多いのが実情です。
当店では基本的にスプレー吹き付けでの施工、適材適所で手塗りを行なっております。
磨き・塗りの技術、素材にこだわっております。

QUESTガラスコーティング施工料金
年数が経過したお車などボディ状態により価格が異なりますので、施工車の正確なお見積もりは店頭にてご確認ください。
金額は、磨き作業込みの\70000~

QUESTガラスコーティングに関する5年保証
ガラスコーティングの施工日より、6か月後の無料メンテナンスを実施しております。
また、施工後5年間の保証をお付けいたします。なお、保証の継続には施工後1年毎の有料メンテナンスをお受けいただくことが条件となります。
コーティング効果の持続と継続のためにも、必ず有料メンテナンスをお受けください。
詳細な保証内容については、店頭にてご確認ください。

(注:コーティング加工の保証であり、車両そのものを保証するものではありません)

QUESTガラスコーティングのメリット

①新車は、美しさを一層引き立たせ、持続させる
②中古車は見違えるほど美しい塗装面が甦る
③塗装面に悪影響を及ぼす、酸性雨・紫外線をシャットアウト
④硬度が向上し、キズから愛車をガード
⑤ワックス不要。水洗いだけでOK
⑥良い状態で乗り続けることで、乗り換え時の査定も有利に